知り合いに車を売却する事例も

不要になった中古車を処分している方法は、人それぞれ異なります。今なおディーラーに下取りをお願いしている人々は多いと言われています。ただ専門店に売っている方々は、最近はちょっと増えてきている傾向がありますね。

ところで、中にはちょっと特殊なところに車が売却されている事例もあります。友人や親戚です。

自分にとって不要な車であっても、例えば友人がその車を欲しがっている事もあるでしょう。このため車の買取専門店に売るのではなく、敢えて友人に売っているケースもあるのだそうです。友人だけでなく親戚に売っている事例も、案外多いそうですね。 ところでそのような売却方法の場合は、ちょっと金額が低くなる事が多いようです。例えば、次のような事例があります。

ある方は長らく保有していた車を、ある買取専門店に対して査定を依頼したそうです。その結果、かなり高い値段が付いたのだそうです。

ところがその方の場合、ちょっと特別な友人がいらっしゃったようです。その方と深いお付き合いのある友人は、自動車のお店を経営していたそうなのです。友人のお店の経営に協力するべく、最終的には友人に車を売却したそうなのです。
クラウンロイヤル 下取り
ところが、その時の売却金額は車の買取専門店よりはかなり低めだったそうです。それでも敢えて、友人に売却をしたそうです。 このような事例も、意外と多いそうですね。知人に車を売るような事例はあまり公になる事はありませんが、そこそこ多いそうです。 しかし売却金額は、上記の事例のように低めになる事が多いそうです。まして親戚に車を渡すとなると、無料で売っている事例も多いかと思うのですが。

車の売却というとディーラーやオークションや専門店をイメージなさる方が多いかと思いますが、このように知人に車を売っているような事例もある訳ですね。